FC2ブログ

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

個人撮影@女友逹とパイズリ我慢勝負♪第2弾!イキそうになったらローターで反撃阻止!お互いイクイク状態♪

 【30//2016】

※動画の掲載日時は目処が立ち次第、ご報告します!
(サンプル画像の追加も、随時していく予定です。)

----------------


しばらく忙しかったので...
大分更新が遅れてしまいましたが。。。


どうしてもあの乳房でもう一度パイズリしてもらいたくて...。
「連絡先交換は◯◯君が勝ったらいいよ♡」ということでまだ連絡先は交換してないので...

学校で一人でいる時を見計い、
コッソリ手招きして今回の勝負を持ちかけました。


パイズリ挟射,個人撮影,素人


【ルール】
30分"挟射"を我慢するコト
勝ったら危険日に何度でも種付けしてOK
負けたら前回の倍のプレゼント(約7万円相当)
我慢汁はいくらでてもOK

-追加ルール-
勝負前に一回だけ(オナニーで)抜いといてOK
射精しそうになったら、クリトリスに装着させたローターで反撃阻止してOK
(前以って、3回イカせるのが条件)
(◯◯ちゃんが)イッてる間はパイズリ禁止
射精しそうなのが治まったらローターは止めるコト


※今回の為に、知り合いにワイヤレスのローターをちょこっと改造してもらいました。



今度こそ勝ち目を揃えて...。
要はイカなければいいんです。


前回、あまりにも惨敗だったコトもあり
条件をゆるくしてもらいました。
(その代わり、こっちのリスクもかなり大きい...。)

しかし...
あのおっぱいでのパイズリに何のハンデも無し
というのは絶対にムリです。
絶対に射精してしまいます。

なので、エサで釣って
ギリギリまでこっちが有利な条件にできました。
(それでもまだまだ自信がある様子ですが...)

正直、前回買ってあげた水着でパイズリしてもらいたかったんですが
実はどうやら先に元カレ(違うゼミに在籍してるらしい)にしてあげてしまったらしく
なんだか悔しいので、やめました...。
(罪悪感はあったみたいですが...。)






■以下本編―


まずは、◯◯ちゃんをローターで3回イカせます。

さすがに◯◯ちゃんのマ◯コを見せてもらうのは無理なので...
自分でパンツの中に入れてもらいます。
(映すのも断られました...)
ちゃんとクリトリスに当たるようにと指示。

試しに勝手にスイッチを入れると...
ビクンッとしながら「あ...ンッ♡」と声を漏らします。
(◯◯ちゃんの初喘ぎ声に内心超興奮です...。)

ばっちりイイ所に当ってる様なので...

スイッチをいれっぱなしにして
しばらくクリトリスを刺激し続けます。

◯◯ちゃんがクリへの刺激に夢中になってるので
勝手にパーカーのジッパーをおろし
相変わらず超豊満なJcupお乳を谷間を露出させ
どさくさで乳肉を堪能。
(相変わらずハンパじゃない柔度...。)

やりすぎると嫌われそうなので、控えめに...。


Jカップ,乳首,個人撮影,素人



しかし、クリ刺激でビクビクしてるところに
乳首を指で摘んでくりくりしたら
更にビックンと跳ねて、良い反応をするので
そのままくりくりし続けていたら早くも一回イッたみたいです。

◯◯ちゃんがイッてるとこを
初めてみるコトができましたが...
めちゃくちゃ可愛いです。。。

こっちの腕を掴んで
手や足をプルプルしながら、指にキュッと力が入っちゃってます。

一度イッてタガが外れたのか
可愛すぎる困り顔でこっちを見つめながら
プルプルしながらイッちゃってます。

このまま今すぐムリヤリ種付けしてしまいそうなくらい
可愛くてエロくて堪んないです...。

勝手に露出させちゃった乳の谷間も最高にエロくて
ビクンビクンする度に、大人になりかけの柔らかすぎるオッパイが
ぷるんぷるん揺れちゃいます。


Jカップ,乳首,個人撮影,素人


そんなこんなで...
勝手にエッチな悪戯をしつつ
3回イっちゃったみたいなので...
クリトリスのローターを停止。


しばらく呼吸を落ち着けていると思ったら
段々笑顔(イタズラ顔?)になって、パイズリする気満々の様子...。
(意外と何気にノリノリ...)


パイズリ事前,個人撮影,素人


「じゃあ今度は◯◯くんがイく番だよ♡」
「いや...今日は勝つよ...w」
「...勝たせない♡」
「ゼッタイに射精させる♡」


なんて言いながら...
ズボンを脱がしてくる◯◯ちゃん...。
前回よりも大胆になってる気がします...。


パイズリ事前,我慢汁,個人撮影,素人

口八丁で無理矢理やりたいように
乳首をくりくりしまくった結果...
興奮しすぎて我慢汁が出ちゃってたことがバレる始末...

「あれ?なんか出てる...♡」
「おっぱい勝手に触ってたらでちゃったの...?(笑)」

と問いただされ...
ち◯ぽの先っぽに指をピトッとつけると
我慢汁を伸ばして糸を引かせます...。

「お汁伸びちゃうね...♡」と、遊ばれてしまいます...。

前回も思ったけど、◯◯ちゃんって...
学校の時の印象と違って、結構エッチなコトを言えちゃう子なんだな...と。
こういう時にだけだろうけども...


色々と恥ずかしい目に遭わされつつ...
◯◯ちゃんが、とうとうブラジャーを外し始めます。
生着替えを見れるチャンスなので...、思わずガン見しちゃってたらしく
「見過ぎ...!(笑)」と怒られちゃったので顔を逸していると...
あの柔らか~い生乳をぷるんッと露わに...。

両手で包み込み、軽々と出来てしまう深い谷間に
唾液をたっぷりと落とし込み、くちゅくちゅとなじませていきます。


パイズリの準備ができあがり...


パイズリ,個人撮影,素人


あの虜にされて止まない...柔らかいおっぱいをこっちに押し出して...
「ほら♡ココにおちんちん差し込みたかったんでしょ?♡」
「挿れたい?♡」

「挿れたい...」

と、またエッチにパイズリ案内を受けます。


パイズリ,個人撮影,素人


「ふふ♡いくよ?♡」
「ずぷ~...♡」

と、ち◯こをゆっくり乳肉の間に挿れていきます...。

「またしちゃったね♡生パイズリ♡」
「◯◯くんにパイズリしちゃってる♡」

と言いながら、何度もズプ~ッとゆっくり挿乳し直し
ち◯こに乳肉の感触を味わわせてきます...。


パイズリ,個人撮影,素人


ち◯こ全体に◯◯ちゃんのよだれが馴染むと...
「じゃあ...始めるね♡」
と、少しずつスピードを速めてずりゅん...ずりゅん...と...。

最高すぎる感触が始まってしまいます...。


やっと念願の感触に辿り着き
ついつい声を出てしまうと...

「ふふふ♡」
「気持ちいい?♡」

「う...ん...」
「ふふ♡ 今日もおっぱいの中でびゅるびゅるしちゃおっか♡」
「...今日は勝つ」
「ふふふ♡ 勝てるかな~?♡」


と、お互いにやる気はばっちり...



パイズリ,個人撮影,素人


ついつい口走って...
「キスもしたことないのに...2回もパイズリとかどんな仲だ...(笑)」
と言うと、
「あはは♡ ...でも勝負だからね?♡」
「おちんちんとおっぱいしか触れちゃだめ♡」

「手でもっと触りたい...」
「だ~め♡ パイズリだけ♡」
「手じゃなくて~...性器で触らせてあげる♡」


なんていうやり取り...。


しかし、この乳でこのパイズリ...
ホントに何度でも驚かされるくらい気持ちよくて...
早速精子が登ってきます。


パイズリ,個人撮影,素人


でも想定内...。
すかさず、ローターのスイッチを入れます。
パンツの中でクリをダイレクトに刺激し
◯◯ちゃんの動きを止めるコトに成功。


こっちが落ち着いたら
ローターをスイッチ切ってあげます。


パイズリを再開すると
やっぱり気持ちいいのは変わらず...
どちらにしても苦戦は必至です...。



パイズリ,個人撮影,素人


相変わらずの凄まじい射精への誘導力に
「イッたらパイズリしちゃダメだよ...?」とついつい念を押してしまうと
「...うん...わかってる(苦笑)」と◯◯ちゃんも少しキツそうだったので
「まぁイッてる時にパイズリは難しいか...(笑)」とフォロー...。


しかし、パイズリが再開すると
「おちんちんとろけちゃう...?♡」
とすぐに主導権を戻されてしまい
「じゃあ今日もおっぱいの中で射精しちゃおっか♡」
と挑発されますが、
「今日は一回射精しといたから、大丈夫...」
と、抵抗すると
「ほんとかな~♡」
「じゃあ...ずりゅんずりゅんッ♡」

と乳圧とスピードを少し上げてきます。


パイズリ,個人撮影,素人


ソッコーで精子が登ってきて、スイッチオン。
お互いに、「イクイクッ」とオーガズムを必死に我慢...。
まぁ◯◯ちゃんは結局イッちゃっいますが...。

◯◯ちゃんがこちらを射精させるコト自体は
いとも簡単なことですが、
容易に射精させようとすると
◯◯ちゃん自身もイカされまくってしまうという
難しい状況に気付いてきたみたいです。


そこで、◯◯ちゃんが取ってくる作戦として
こちらが考えていたのは
・スイッチを入れられても我慢して一気に射精させてくる
・少しの刺激で射精してしまう位まで快感を与えてから、一瞬でトドメを刺す


◯◯ちゃんは後者の方法を取った様に思います。

しかし、解っていながら...
こんな可愛い子に、このパイズリをされながら
エッチな言葉で射精を誘惑されると
もう理屈じゃないです...。


ふわふわJカップの谷間の中で
ずりゅんずりゅんしながら...
「ほらほら♡射精しちゃって...いいんだゾ♡」
「びゅるびゅるびゅる~ッて♡」

「おちんちん...おっぱいの中でびくびくびくッって跳ねてるよ?♡」
「もう精子出したいよ~...♡ってビクビクしてるよ?♡」

「ワタシの生パイズリで射精...またしてみたいでしょ?♡」
「もう我慢しなくていいんだよ?♡」
「おちんちんから精子出させてあげて?♡」

「◯◯君が...気持ちよく射精してるとこ...また見せてほしいな♡」
「さっきず~っとこうやって半イキさせてるから...」

「ほらほら♡せっかくの生パイズリ...射精しなくていいのかな~?♡」



こんなタマラナイ言葉と極上乳肉。
精子が登ってきちゃうのも致し方ないです...。


パイズリ,個人撮影,素人


そして、またスイッチオン。
再度、お互いにオーガズムの我慢..。

◯◯ちゃんもギリギリそうならないくらいに
調節していたみたいなので...
スイッチを押され、イカされながら
「(失敗しちゃった...)」と思ってたに違いないです...。


こっちもこっちで考えていたよりも
全然余裕がなくなってきました...。

必死でなんとか誤魔化そうと会話を混ぜたり...


すると
中3の頃にほぼ毎日、
同級生の彼氏にパイズリで射精させてた過去を知ったり
どんな性事情を過ごしたのかとか少し聞くことができました。
(その時に何カップだったとかも聞いちゃってます)

しかしながら、
余計興奮してしまう自滅っぷり...。
(しかも時間稼ぎだとバレバレな件...)




パイズリ,個人撮影,素人

「そろそろヤバイでしょ...♡」
とこっちの限界にも気付いてる様ですが
「◯◯ちゃんもヤバイでしょ...」
と言い返すと、

「うん...(笑) もう一気にイカせないとワタシもイかされちゃう...」
「結構イキまくってる?」
「うん...(笑) 今日はちゃんとやらないと負けちゃう(笑)」
「...でも負けない♡」
「欲しいバッグあるもん♡」


と、やっぱり◯◯ちゃんも結構参ってる様子...。



パイズリ,個人撮影,素人


こっちがイくかイかないか
ギリギリの瀬戸際に調整しながら..

「もうイッちゃお?♡ お願い♡」
「このまま射精したら...多分物凄い気持ちいいよ?♡ ね?♡」
「ほら♡びゅるびゅるびゅる~って♡」

「せっかくのチャンスだよ?♡」
「ずりゅんずりゅんしてるから、射精しよ?♡このまま♡」


「おっぱいの中でびゅるびゅるしてほしいな♡」
「 ◯◯君の精子また見せて?♡」

「それ押さないでくれたら
とろけちゃうくらい気持ちよく射精させてあげるから♡」


と、射精への誘惑がまじでやばい...
もう当然、精子が凄い勢いで登ってきます...。


しかし...
必死にローターのスイッチを入れて反撃したのに
今回はなかなかパイズリが止まらず...

止まると思っていたパイズリが止まらず
それ以上我慢なんてできるハズもなく
敢え無く、超大量射精...。


パイズリ挟射,個人撮影,素人



◯◯ちゃん...ヨダレを垂らしてイキまくっちゃってるのに
パイズリを止めずに射精させてきました。


多分、こっちが精子を出し始めた時には
完全にイッてるっぽいので、ズリが少しだけ緩んだものの
もう射精が始まってしまっているので精子を止めることもできず...
ふわふわなおっぱいの中で精子を射精しまくってしまいました。。。


全身を硬直させて必死で我慢しても
おびただしい量の精子がどんどん溢れてくる...
射精の勢いは抑えているものの...
結局射精自体を抑え込むコトは全くできず
残酷にも快感の分だけ大量の精子が溢れ続けてきます...。

さっき自分で抜いた時とは比べ物にならないほどの精子...。


そして下腹部には
自分の精子と◯◯ちゃんのよだれが
混ざって溜まっていきます...。




もう射精中は...
来ては困るエクスタシーが頭を真っ白にしてしまって
何にも考えられず...。
結局、乳内射精の快感に支配されて何が起こってるのかは全くわからなかったので...
証拠として撮ってるこの動画でその時の感覚を思い出しながら判断するしかありません...。

結局は『まとわりつく乳肉の感触』と『そこでする射精が気持ち良すぎたこと』 しか覚えてません...。
(それと何度も噴き出てくる白い精子くらいか...)



パイズリ,個人撮影,素人


ワケがわからなくなるくらいの快感すぎるパイズリが
もう気持ちよくて気持ちよくて...
必死に我慢してもチンコからはびっくりするくらい精子が溢れ続けるし

で、意識がハッキリしてくると
◯◯ちゃんはよだれを垂らして、明らかにイッてる様にしか見えません...。
「イキながら射精させたよね?」
と尋ねると、「う~ん...」と...。

自覚がありそうなので...
「自分の口でちゃんと言って?」
と言うと、
「イッてるのに、射精させちゃいました...」
と自白も取れました。


パイズリ,個人撮影,素人


ルール違反だよねと言うと
「ぁ...でも同時くらいだったかも...」
とのコトなので...

証拠として録画もしてるので
「じゃあ録画してるから見てみる?」
と促してみると

「もう一回やりなおすとか...」
と提案してきます。

しかし、このままもう一回やったら
あっさりと負けてしまいそうなので...
「じゃあもう一回ルール変えて今度もう一回やってもいい?」
と言うと、了承を取ることに成功。

すると
「でもバッグ欲しかったなぁ」
と残念そうにしているので

「じゃあ半分は出してあげるよ」
「その代わり絶対もう一回勝負ね」
と言うと

めちゃくちゃ嬉しそうにしながら
「じゃあもう一回パイズリしてあげよっか?♡」
と、超うれしい状況に...!!

「まじで?いいの?」
「いいよ♡特別に♡」
「またちゃんとおもいっきり射精していいよ♡」
「この間みたいに♡(笑)」


と言うと、
さっそく射精して精子まみれになったち◯こを
Jcupの乳肉で包み込みます...。

そして、
「またおっぱいの中で勃起させてあげる♡」
「◯◯君の好きなやつ♡(笑)」


と、前回で知られた性癖をイジられつつ
乳内勃起をさせてきます。


パイズリ,個人撮影,素人


乳肉でこねられているうちに
だんだんとち◯こが固くなっていき...

◯◯ちゃんがそれに気付いて
「ふふww」と笑うと
すぐにバレてしまって恥ずかしいこっちも笑ってしまいます...(苦笑)

「いいよ♡そのままもっと勃起して♡」
「うん...ごめん...(笑)」

と、◯◯ちゃんの優しさに甘えます...。

すると、
興奮しちゃったからか
乳内でいっきにムクムクと大きくなってしまい
「あ♡勃起してる勃起してる♡」
と◯◯ちゃんも少し愉しそうにしてくれます。


パイズリ,個人撮影,素人


射精しまくった乳内は精液がローション代わりになって
勃起した壊れ気味のち◯こでソッコーイキそうになります...。


しかし
乳肉パイズリがあまりに気持ち良すぎて
気付くのが遅くなったものの...
ちょっと◯◯ちゃんのデコルテが赤くなってるので
薬を塗ってあげることに。

(搔いたら赤くなっちゃったそうですw)

薬を取り行こうとして
精子が床に垂れたりと...一悶着。



戻ってきてパイズリを始めてもらうと
また乳肉に包まれる感触が新鮮で...

すると、その新鮮さを何度も味わわせてくれるように
乳肉をゆっくり掻き分ける感触を堪能させてくれます。




クラスの女子と戯れながら
射精しまくりのち◯ぽを、極上の乳肉でパイズリされまくって
もう気持ちよさMAXの顔になってしまっていると...

「今度はちゃんと気持ちよく射精しよ♡ 」
「タイミング合わせて気持ちよく射精できるようにしてあげる♡ 」
「好きな時に射精していいよ♡」
「射精しおわるまで~...ずりゅんずりゅんってしててあげるから♡」

「またコレで遠慮なく射精してみたいんだよね♡」
「せっかくだから...とろけちゃうくらい気持ちよ~く...射精させてあげるね♡」
「びゅるびゅるびゅるびゅる~って♡」


と、めっちゃ優しくしてくれて...
興奮と快感が絶頂のまま

「もうダメ...イク...」
と、スイッチオン。


パイズリ挟射,個人撮影,素人


「あッ...ン ! ...じゃあ一緒にいこ?♡」
「イクッ」
「うん♡いこ?♡ んっ♡」
「うん...」
「一緒に...♡ん...イクッイクッ」
「うん...」
「びゅるびゅるしてる...♡ 気持ちいいね...♡」
「うん...」
「...えっちしてるみたい♡」
「うん...」


もう気持ちよくて気持ちよくて・・・・・・
乳内射精中は「うん...」と返事するのが精一杯...。
しかも、◯◯ちゃんもイッてるはずなのに
こっちが気持ちよく射精できるように
ずりゅんずりゅんッ...ってし続けてくれて...
射精させられる度に惚れていってしまう...。
(それがバッグのお礼だったとしても...)


射精しすぎ...というよりも
一度の射精でイキ過ぎて...
目がチカチカして...頭もクラクラする...

そんな恍惚で意識がぼんやりする中、
「精子中出ししてるみたいだった?♡」
「ダメなんだよ?♡ほんとはこんなことしちゃ♡」


とか...
堪らなくエッチなことを言われちゃいます...。


すると
「◯◯君のイッてる顔もう5回見てるよ私♡」
と、またイジるネタを作られそうなので
「おれも今日◯◯ちゃんのイキ顔いっぱい見てるよ...」
と、なんとか言い返すと
恥ずかしそうにする◯◯ちゃん(笑)

局所ですごくウブいと思ってましたが
◯◯ちゃんについて、少しわかったコトがあります。

自分が攻める時は抵抗があまりないものの
自分が攻められる時はまだかなり抵抗がある子の様です。

少し聞かせてもらった中3の頃からの性事情が
原因になってそうに思いますが...。




すると、
下腹に更に溜まってしまった白濁液を見て
「ねね...◯◯君の精子ってなんか美味しそうだよね♡(笑)ミルクっぽくて♡」
と、隙を見せてくる◯◯ちゃん...。
ガードが固いのか甘いのか...

というか、前にも同じ様なコトを呟いてた気がします...


パイズリ挟射,個人撮影,素人


せっかくのチャンスなので...
「...舐めてみる?」と試しに聞いてみると
「やめとく(笑)」と一歩引かれるものの
「ちょっとだけでいいから...」と少し押してみると...

「ダメ♡ パイズリだけって約束したもん♡」
「...ぁ~でもちょっとだけ舐めてみようかなぁ(笑)」
と、やっぱり実は興味があった様子...。

結局、指先に精子をつけて、ちゅる...っと吸い込み
何気に味わっちゃってる(?)ので...

「おいしい...?精子...」と尋ねると
「思ったよりは...♡(笑)」と意外な返答が...(笑)


パイズリ挟射,個人撮影,素人


しかも、
もう一度たっぷり指先につけて舐めるので
まじでいけるクチなのかと思い...

「なにげに精子すきなの?w」と訊いてみると
「ぇ~...?(笑)そんなことないよ(笑)」と甘い否定。
「口の中に直接ビュルビュル射精してあげよっか...?w」と試しに言ってみると
「え~...!(笑)じゃあ~...、う~ん...w」と満更ではなさそうな...
「いっぱい飲めるよw」と念を押すと
「でもパイズリの方がいっぱい射精するでしょ♡(笑)」と若干躱されるも
事実なので...認めざるを得ず。。。

でも反応を見る限り
説得の仕方によっては、させてもらえそうな雰囲気...
...な気がします(笑)



パイズリ挟射,個人撮影,素人


結局そんなやり取りでまたムラムラさせられてしまい...ダメ元で
「ねぇ...もう一回したい...」と言ってみると
「え...!?(笑)」と驚いたように笑われるも
「......する?(笑)」と言ってくれます...!

首を縦に振って返事をすると
「◯◯君...私のおっぱいで射精しすぎ...(笑)」
とさすがに引かれたかな...?と思いきや
「もうパイズリ中毒の男の子だ♡」と乗り気っぽい感じに超安堵...。


パイズリ挟射,個人撮影,素人


調子乗ってこんなやり取りも...
「パイズリはいいのにデートはだめなの?」
「でもこれは勝負じゃん♡これは特別(笑)」
「え~...(笑)」
「じゃあもうしなくていい?(笑)」
「する...(笑)します(笑)」
「ふふふ♡」
「私のおっぱいでパイズリする感触...後で思い出してオナニーするんでしょ♡(笑)」
「ちゃんと味わっておかないと♡」
と、結局えっちに優しくなだめられてしまい...


そのまま、精子まみれのち◯こを
ふわふわなお乳の中でこねこねされ始めます...。

「おちんちんビクビクしてるね♡」
「うん...射精しまくってるのにすぐずりゅずりゅするから...」
「おちんちん馬鹿になっちゃった?♡」
「うん...股間凄いうずうずする...」
「あは♡じゃあ射精しちゃわないと♡」

なんて言われながら、こねこねされていると
また乳内で勃起が始まっていきます...


ここまでくると言いやすかったのか
「ねぇねぇ...ワタシのおっぱいの中で射精するの気持ちいい?♡」
と、訊いてくるので...正直に
「気持ち良すぎる...」と即答。
「あは♡ じゃあこの間の認める?♡」と明るい顔で言うので
「...うん」と答えると...

「やっと認めた♡」
「じゃあもっと気持ちよく射精させてあげる♡(笑)」
と、キュンキュンして堪らないことばかり言う◯◯ちゃん...。


完全に勃起してしまうと
こねこねから、ずりゅんずりゅんに変わり...
下腹に溜まった精子が◯◯ちゃんの下乳でピタピタ叩かれて音が鳴ってしまいます...。


パイズリ挟射,個人撮影,素人


すると
「精子くちくちいってる...♡」とやっぱり拾ってくるので
「◯◯ちゃんのよだれも混ざってるよ...」と反撃すると
「 言わないで...!(照笑)」と恥ずかしそうな◯◯ちゃん...(笑)♡

イジられ慣れてなさそうなので
あまりやると嫌われないか内心ビクビクしつつ
◯◯ちゃんとこんなにイチャつける機会なんてないので
色んな表情や声を聞きたくて、ついつい...。



パイズリ挟射,個人撮影,素人


至福の状況をしっかりと味わう中...
「ちんちん精子まみれ...♡」
「うん...そりゃ射精したから...」
「射精したのにパイズリしちゃってるね♡」
「エロすぎ...」
「うん...(笑)」
「ホント誰にも言えないよ...(笑)こんなこと...(笑)」

なんてやり取りをしつつ、イキそうになって...
を繰り返していると...

「ぁ、そうだ...この間みたいにブラ着けてしてみよっか♡」
と、ブラを着け始めます。


◯◯ちゃんの生着替えをガン見...。
「見過ぎ...!(笑)」と怒られちゃったので、顔を逸します...。

「ココ(ワイヤー)持ってて♡」と言われ
ワイヤーを人差し指で引っ掛けて、少し浮かせてあげると
ブラによって少し寄せられた乳房の谷間に
敏感になりまくってるち◯こをずにゅ~~っと挿れさせてきます。

こっちの反応を見てか
「あはは♡(笑)おもったより気持ちいい?♡」
「うん...」
というやり取りでテンションも上がったのか
「じゃあ...ずりゅずりゅしてみるね...♡」
と着ブラパイズリ開始...。


ずりゅんずりゅんする度に
谷間の中で精子が糸を引いてる状態...
この状態でブラをつけてパイズリ...っていうのは
かなりベスト具合で半端なく気持ちいい...

そう伝えると...
「ふふ♡ 覚えとこ♡」
と意味深なコトを...。


そして、具合最強な着ブラぱいずりを
だらしなく味わっていると...
「ブラ着けたまま~...こうやってパイズリして射精してみたいでしょ?♡」
と、こっちのドツボぶち抜いてきます...。

最後の理性と面目を振り絞って...
「うん...」
「ブラ新しいのに...ごめん...」
と、最後の紳士的行動を取るも...

「いいよ♡」
「ほら♡せっかくだから...」
「コレでおもいっきり射精してみて♡」

と、理性を決壊させるコトばっかり言っちゃう◯◯ちゃん...。
もうパイズリを味わうことしか考えれなくなり...


「もう喋れないくらい気持ちいいかな?♡」

◯◯ちゃんもこっちの限界を把握してるっぽく...
また優しくてえっちな言葉で射精を出迎えてくれます...

「ワタシの子宮に注ぎ込むつもりで~...」
「びゅるびゅるびゅる~ッって♡ してみて♡」

「またミルク出そう?♡」
「◯◯君のちんちんミルク♡」
「さきっぽからミルクびゅるびゅる~って♡」
「おちんちんミルク...♡またワタシに飲ませたい?♡」


パイズリ挟射,個人撮影,素人


「またびゅるびゅる~ってしてるとこ...クラスの女子に見せちゃうの?♡」
「また同じクラスの女子のおっぱいの中で射精しちゃうんですか♡」
「うん....ッ」
「...ちゃんと内緒にできますか?♡」
「はい...」
「はい♡ じゃあ遠慮なく射精しちゃおっか♡」
「イグッ」
「どうぞ♡」
「ん...ッ」
「うん♡」
「う"...ッ(射精中―)」
「気持ちいいね♡」
「ぅ"~~~...(射精中―)」
「ゎ~...ホントに射精しちゃってる♡」
「うん...」
「ふふ♡ ほかほか♡」
「また射精しちゃったね...♡」


と、最高の乳内射精に導いてくれました...。
2日前に新しく買ったブラを、ソッコーで精子でべっとり汚してしまい...


それでも...
「◯◯君...私のパイズリでもう6回も射精してる...(笑)」
と、呆れているのか愉しんでいるのか...。


射精の余韻を乳内で感じていると...
「ちんちんの穴パクパクしてる...射精しすぎかな?(笑)」
と、これまた心配してくれてるのか愉しんでいるのか...。



あっちがえっちなコトばかり言ってるので
流れでイケるかも。。。と思って....
「もっとパイズリしたい...」
と、調子に乗ってお願いしてみると
「う~ん...(笑)そろそろ門限やばいw」
と遂に躱されてしまいました。

つい...本音で「離れたくない」と言ってしまったり、
「じゃあ今日泊まらない?」と食い下がってみるも...

「親に怒られる(笑)」
「タオル貸して?♡w」と受け流され...


これ以上、我儘を言って嫌われちゃうのもイヤなので...
諦めて立とうとすると...腰砕けて足にも力が入らず...
「うわ...腰ガクガクだわ...」
「立てない?♡」
「ん~...ちょっと待って...」
「じゃあちょっとだけこのままでいいよ♡」
「まじか...ごめん...」


「いっぱい射精したもんね...♡」
「うん...そうかも...w」
「そんなに出しちゃうの?ってくらい♡(笑)」
「◯◯ちゃんが出させたんじゃんwww」
「自分でやってもそんな出ないよ(笑)」
「みんなそう言うw」

といったやり取りで
優しさに甘えて、乳房に包まれたまま
大学の友逹との情事を聞くに至ったり...


そうこうしてるうちに...
だんだん勃起し始めてしまう始末...。
「ちょっと勃起してきちゃった...」と正直に伝えるものの
「うん♡(笑)言おうと思ってた(笑)」と、バレてる衝撃...w


ぴっちりと乳肉に包まれたままなので
少し動いたら、ち◯こをずりゅ...っとしてしまいます...
「あー...動かしたらマジで勃っちゃう...」
と、不可抗力状態にくすっと笑う◯◯ちゃん...。

「もう一回してくれるならいいけど(笑)」
と、流石にしつこかったか...
「でも明日も学校だから...(笑)」と普通に断られつつ...
「立てる...?」
と、言われて再度試みるものの
腰のガクガクは全然止まず...

「パイズリで腰砕けちゃった?♡」
と、ちょっと嬉しそうな◯◯ちゃん...。




今回、公開するのはここまでです―





まぁ、きっとそのまま射精させようと思えば
ものの1~2分で射精させられちゃうんだろうけど
更に腰は砕けて、キリがない。と思われたことでしょう...

更に10分ほど休ませてもらって
足がガクガクなままタオルを用意して玄関まで見送るのが限界でした...。


ちなみに◯◯ちゃん...
急いでて気が付かなかったのか...
それとも、気付いていたけど恥ずかしかったのか...

ワイヤレスのローターをパンツに仕込んだまま帰っちゃいました...。
コントローターだけがこっちに残されました...。

仮に家に帰ってから気付いたんだとしたら...
帰り道、電車の中で
パンツの中にローターを入れたままのJcup爆乳の激カワ娘がいたコトになってしまいます...。

ローター本体は間違いなく
◯◯ちゃんの愛液がべっとりだったはずなので...
置いていくのは恥ずかしかった...というのは全然説明がつきますが
どうやって返してもらう様に声を掛ければいいのか...。




--------------------



とろ乳~パイズリ挟射~@個人撮影

【掲載中動画リスト】
http://adult.contents.fc2.com/users/torochichi/
【Twitter】
https://twitter.com/torochichi_twi

【リクエストについて】
動画に関するリクエストはメッセージか
下記アドレスへどうぞ。
torochichi.req@gmail.com
(※原則として返信はおこなっておりません。)

スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

Category: torochichi.com

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

個人撮影@Jカップ女友達とパイズリで我慢勝負♪乳圧ズリだけで大暴発、続けてノーハンドパイズリで大量挟射3連発!

 【09//2016】

(※サンプルの為、低画質です。)


※今回あまりにも本編のボリュームがあるので
サンプルで紹介したい見所をかなり沢山削らざるを得ませんでした。。。

にも関わらず、凝縮させにさせて「こんな感じです」っていうのを作ったんですが
それでもサンプルがこんなに長くなってしまいました。。。(苦笑)





---------------

▲本編動画はこちら▲
ノーハンドパイズリ,挟射,個人撮影



<アップ完了しました!!>
今回更にハロウィンぱいずりを超えて、1時間以上の超特大ボリュームです。

---------------


だいぶ久しぶりにパイズリにありつけました。
まぁ条件付きですが・・・。


おおまかに説明すると、
紆余曲折を経て
この子のパイズリを1時間耐えられたら、危険日に種付けしていい
その代わり、我慢できなかったら1つお願いをなんでも聞く

ということになりました。







正直、この子となら喜んで結婚したいレベルなので
これを期に種付けしまくって孕ませてデキ婚という流れを狙います。ガチで。

中出しならどちらかというと乳まんこの方が正直言って好きですが・・・目的は種付けです。
なんとか受精させたい。。。着床させたい。。。


事の発端、成り行きはというと・・・
先日の飲み会で隣になった時に『コッソリ話し』から発展したことです。
場の雰囲気でちょっとしたエロ話しになったんですが
パイズリの話題になり...
自分としても、「今までされたパイズリで死ぬほど気持ちいいと自信を持てるものもある」
そんな話しをしていたら、あっちも酔っていたのもあるかとは思いますが
「今までされてきたどの子のパイズリよりも自分のパイズリの方が断然気持ちいい」
と主張するので、「どうかねぇ(笑)」と張り合っていたら、言い合いに...(笑)
「じゃあ証明してみてよw」と冗談交じりに言ってみたら
なんと実際にやってみるという流れに...!
こちらが挟射を耐えたら負けを認めるとのことです。
そして話しはエスカレートし、そっちが勝てばなんでも言うことをきいてあげるから
こっちが勝ったら種付け目的の受精セックスをさせてもらうということに。しかも危険日に...。

飲み会解散時、他のメンツには各々帰宅した様に思わせ
あとで待ち合わせ。



以下、本編説明―

口約束ではなく、証明を形で残すという名目で
動画で撮ることに合意をもらうところから。

ジッパーを摘み、恐る恐る「降ろすよ?」と聞くと
快く「いいよ?///と言ってくれるので、遠慮なくジッパーを降ろすと
とてつもなく膨よかなお乳の谷間が出てきました
(サイズを尋ねてみると「IかJ(ブラに寄ってはJカップ)」とのことです。)

美爆乳,個人撮影,Jカップ

いつも服の上からでかいでかいとは思ってましたが
まさか"Jcup"だなんて...しかも超美爆乳。

あまりに生乳がやわらかそうなので...
「触わ...っていい?」ときいてみるものの
「だめ!(笑)今からパイズリされるんでしょ(笑)」
と拒否されますが、もう辛抱たまらず勝手に揉んじゃいました。


美爆乳,個人撮影,Jカップ


「あ...ッ、こら(笑)」
「だめっ(笑)こらっていってるでしょ!w」

と拒否されているのに、つい揉んでしまい...
「いつも勝手におっぱい揉んじゃうよね...(苦笑)」
と優しく怒られます。

実をいうと、飲み会とか顔を会わせる度に
谷間に指を入れたり、ブラに手を突っ込んだりしてましたw
本気で怒らないので、ちょっと調子に乗りすぎでしたが...汗
(といっても、さすがにじっくり感触を確かめられるくらい揉めてないです。)


まぁそんなこんなで、平謝りすると
「だめっていっても触るでしょ(笑)」
「怒られたらやめる...」
「えー・・・(笑)覚えてなさい~?(笑)」
と叱られながらも・・・

「こっち勝ったらホントに何回中出ししてもいいの?」
と念の為、確認しなおすと
「いいよ♡」と言うので
「マジで種付けするよ?」と念を押します。


種付け宣言,個人撮影,Jカップ


「今日我慢できたらね♡」とブラのフロントホック外し、
生乳を両手で持ち上げると、谷間に唾液をたっぷり落とします。
やわらかな乳を交互にたぷんたぷんと動かしながら唾液ローションをなじませて
お乳オープンでぬちゃぁ~...と糸を引いちゃいます...

美爆乳,個人撮影,Jカップ



そのまま両手で谷間ホールを用意すると、
「ここから挿し込んでいいよ♡」
「ゆ~っくりおっぱい掻き分けてきて♡(笑)」
「ゆっくりね♡」

とパイズリ案内を受けます。
もうこの時点で興奮で頭が真っ白になりそうです。

えっちなコトをいいながら興奮させて
確実に挟射で仕留める気なのかもしれませんが、
こんなエロ過ぎることをされたらもう作戦だろうがヤバすぎです...。

そして...
挿込み口にチ◯ポをピトッと付けて、いつでも挿乳可能の状態でドキドキ...。


パイズリ,個人撮影,挿入直前,挿乳


仲間内でもダントツで憧れの容姿と爆乳(まさかのJカップ...)。
オカズにして何度も抜いた女子の念願すぎるパイズリ...。

遂に
「挿れるよ...」と、ゆ...っくりとふわとろJcup乳の谷間に亀頭を挿し込んでいくと
「あ♡きてるきてる♡...きてる♡」とチ◯ポの挿入を感じたみたいです。

同時にこちらも、
谷間の中でやわらか~い乳肉を性器で掻き分けていく感触に
ぞわッ...♡ぞわぞわッ...♡と快感が込み上げていきます..。

パイズリ,個人撮影,挿乳

そして根本までずっぽりと挿乳が完了し
ふわふわな乳肉にチ◯ポが完全に包み込まれると
「とうとう挿れちゃったね♡(笑)いっつも私のおっぱいみてたもんね~?w」
と、こっちが頭の中で思ってることを言ってくれちゃいます。
(まさかこんな形で性行為をすることになるとは...w)


こちちの恍惚してる顔を見てか
「気持ちいい?♡」と満足気に聞いてくるので
「うん...やばい...」と正直に答えると
「じゃあ今日はおっぱいの中でだしちゃおっか♪」と挑発してきます。
しかし、こちらの今回の目的は種付けなので「我慢する」と意思表示。

しかし、実際にチ◯コを包んでみて確信したのか、
「1時間持つかな~?♡」と余裕の表情で言うので
「手加減して...」と懇願すると
「いいよ♡」なんていうものの、多分余裕勝ちを感じているんでしょう...。
「じゃあ動かすね...♡」と最高級パイズリが始まります。


Jカップ,パイズリ,個人撮影,完全素人.


乳房とチ◯コの皮膚同士の境界線が溶けてしまう様なほど
竿全体に乳肉がとろ~っと柔らかくピッタリと吸い付いて
包まれるだけでヤバすぎるのに...

そんな最高な感触のまま
さっそく、チ◯コにずりゅんずりゅんっとトロける乳肉を掻き分けさせ
谷間からは亀頭の先っぽがヌプヌプ...と出たり入ったり...

この子の場合...
とろとろに柔らかな乳質、適した大きさ、乳圧の具合、チ◯コへの当て方・当て場所、ズリ方etc...
すべてがマッチングしてとんでもない快感を実現させてきます。

ゴムなし生セックスよりも気持ちいいです。この子に限っては。
敢えて数字で表してみるなら・・・
現実的に1.5~2.0倍増し?くらいの快感だと感じました...。
(1.5倍だと控えめに言いすぎかと...。)

とろ乳の威力恐るべしです。。。

もう翻弄されるがままに...
おっぱいでわざとパンパンたぽたぽ鳴らしてピストンさせたり
ぬちょぬちょと音を立てたりながら
「エッチな音してる...(笑)くちゅくちゅ♪ぱんぱん♪」と興奮させてきます。
もうえろ過ぎ...。


こっちが久しぶりのパイズリ...
というのが少々助長しているのもあるかとは思いますが
自信満々なことを言うだけの超快感です。。。


Jカップ,パイズリ,個人撮影,完全素人.



そんな最強すぎるパイズリでずりゅんずりゅんされていると
早くも射精しかけます。精液が尿道に登ってきました。
「うわ、やばいやばい」
「ちょっと待って!」

と、さすがに阻止せざるを得ませんでした...。
まさかの早さで「これ無理だわ...」と本音が出てしまいますが
「頑張れ♡頑張れ♡」と強制パイズリ。。。
微妙に精液が漏れたのは内緒ですが...
我慢汁ということでごまかし続行。汗

しかし
「びくびくし過ぎ~ww」
「まだ5分も経ってないよ~?(笑)」
「もう楽になっちゃおっか?♡」

と、笑いながら楽しんでますが
こっちはすでに満身創痍です...。

「ふふ♡そんなに気持ちよさそうにされると自信でるな~♡」
「まだまだ時間あるから楽しんじゃおうかなw♡」

と本気で臨んでいるこちらを他所に完全に楽しんじゃってます。。。

この子が垂らした唾液と、こっちの我慢汁が混ざって糸を引いてしまうと
「あ♪すごい...ねばねばしてるよ(笑)」とはしゃぎながら
ずりゅんずりゅんと谷間の中を往復させられます。

もうこっちには余裕がないのをワカって弄びながら
「大丈夫?おっぱい揉む?(笑)」なんて冗談を言ってきますが
一応「揉む..」と辛うじて答えるものの
やっぱり「それどころじゃない...気抜いたら出る」とこちらは死に物狂い…(苦笑)

感極まって
「おっぱいやばいっ...パイズリやばいっ...!」と漏らすと
「うん、やばいね♡」優しくなだめられつつ、止めないパイズリ。

恐らく、もういつでも仕留められると思ったのか
こっちがギリギリの瀬戸際で続きそうなペースで攻めてきます。
(かなり我慢しないと無理ですが...)

最初と同じ様に、
谷間ホールにチ◯ポの先をピトリとくっつけて
「おっぱいに~...挿れまぁす♡(笑)」と言うと
ずぷ~っと挿し込みながら
「ずぶぶぶ~♡」
と実況したりと楽しんだりしてますが
こっちはもう興奮やばし快感やばしです・・・。

「我慢汁でぬちゃぬちゃなんだけど...(笑)ローション代わりになってる(笑)」
「ありがと~、パイズリしやすくなった(笑)」

なんて、どエロいことを言われますが、確かにカウパー出過ぎです。。。

もうちょっと手を緩めてくれるかと思い、辛うじて会話してみようと
「彼氏とか結構パイズリこんな風にしてたの?」
「うん」
「毎日...?挟射で?」
「まぁうん(笑)」
とかこんな状況でもなければ聞きにくい質問をしてみたり...。
(しかし毎日このパイズリはいくらなんでもずる過ぎではないかと。。。)

つい気分が昂ぶってしまい
「あ~...乳まんこやべぇ...」と感嘆したら
「あは(笑)乳まんこって(笑)」とちょっと恥ずかしそうにするので
「もっと言って」と乳まんこを連呼させながらのパイズリ♡
「連続で!」と強要すると
「乳まんこ...♡ 乳まんこ乳まんこ♡」と少し照れながらですが、可愛~く言ってくれます。
こんな状況でもなければ言ってもらえることではないのですが、、、
女友達相手に実際に言わせると非常に激しく興奮します・・・。
(しかも実際にパイズリをされながら...。)

にも関わらず、
「乳まんこに~...ずぶずぶ~♡(笑)」
とかいいながらゆっくり挿乳されるのはホントにやば過ぎです...。
もう快感も興奮も凄まじく、
チ◯ポもビクンビクンしながら我慢汁の量もおかしいことになってます。

そんなところへ
「もうちんちんが射精したいって♡」
「だしちゃおっか♡」
「もうでちゃうでしょ?♡」

とえっちな誘惑がやばいです。。。

(もう普通ならこれを聞いてるだけでも余裕でヌける...。)


しかも、
こっちが油断してるときに
「...乳まんこ♡」とかエロ可愛くいうので、また射精暴発大爆発寸前。
ホントにずるいです...。汗

こっちのイキそうなトロケ顔を見ると...
更に可愛く「ほら♪乳まんこだよ~♡」とふわとろ乳肉で性器をずりゅんずりゅんッ...
パイズリ,個人撮影,完全素人

本来ならもうこれだけで精液大噴射は必至。
これを我慢するのは相当な遅漏でないと不可能です・・・。


そして...
谷間に包まれたまま、カウパーがぴゅるッと出てしまうと
「ん、これ違う~?我慢汁?(笑)...ローション♡我慢汁ローション♡」
「...でぇ~、乳まんこ♡」
「...に、ずぶずぶ~♡」
と、また挿乳...

こんなえっちなことを言われながら
最強にえっちなコトをされてるこの状況は、本来なら最高に幸せなはずなんですが
我慢しないといけないのが本当に辛いところです...。

『この状態で射精したらどんなに気持ちいいだろう...』
本当にコレ。この誘惑が凄まじく、尋常ではありません。




ここまでくると、少し間を開けて回復しようとしたところで
もう何摺りも我慢できず、すぐ出てしまいそうなので
ちょっと待って...とお願いすると・・・
もういつでも仕留めることができると確信しているからか
「じゃあサービスタイムね(笑)」
さらに新しいもて遊びが始まります。


体勢を変えると、
前屈みになって垂れ下がったぷるぷる乳肉を、裏筋カリにピトッ♡
そしてそのままずりゅずりゅ...
と。。。

たぷたぷなお乳の重さのみで乳圧を与えていくと
チ◯コが柔らか~いお乳にめり込んでいき、むちゅ~っと吸い付かれてる感じに...。
その状態でおっぱいを揺らし、乳肉の柔らかさだけでずりずりしてきます。
(乳圧の具合をかな~り繊細に調節できる様です...汗)

一番感じやすい部分で、極上ふわふわJcup乳の柔度、感触をたっぷり感じながら、
そして、たっぷり確かめながら味わえる方法です。



「おっぱいで直接ずりずりしちゃう♡」
「おちんぽの裏筋で、お乳のやわらかさ確かめて♡」
「一番気持ちイイとこでっ♡」



垂れ下がるぷるぷる乳肉に裏筋カリをピトッ♡そのままずりゅずりゅ...♡
めり込みパイズリ,乳首パイズリ,個人撮影


もうこれでは...
サービスタイムとは言いつつ、どちらにしても気持ちいい...。
それに視覚的にもエロ過ぎっぷりが相当ヤバいです。
もう堪らないです...。

めり込みパイズリ,乳首パイズリ,個人撮影

ずりすりするペースを上げれば
当然やっぱりすぐに射精させられる気持ちよさで
「あ・・・待って待って」と止めますが
「あは♡これで射精しちゃダメだよ?(笑)」
「これはサービスタイムだから♡」

ともうノリノリで楽しんじゃってます。。。

Jcupのぷるぷるしてるデッカい乳房の先についている
乳首を尿道の入り口や裏筋と
超敏感な部分に、くにゅ♡とくっつけてきたりして
見た目からも快感と興奮がつよすぎて....


めり込みパイズリ,乳首パイズリ,個人撮影


乳房にめり込んだチ◯ポからはカウパー汁がぴゅるぴゅると溢れて
もう射精を我慢するのもとっくに限界。
"あと一摺りで暴発"、という境目をずっと必死で守っている状態。
そんな限界を誤魔化しつつ、、、
ぶら下がったたぷたぷのお乳を揉ませてほしいとお願いしてみます。

この最もやわらかい状態で
彼女のお乳をちゃんと揉むのは初めてなので
どさくさに凄くしたかったコトをしちゃいます。

しっかりと手の平で包んで、じっくりとやわらかさを確かめます。
そして驚きました...。とてつもない柔度です。
こんなにぷるぷると綺麗で瑞々しいのに、あり得ないくらいの柔度...
こんなの気持ちいいに決まってます...。


Jカップ,乳揉み,個人撮影.


しかし長くは触らせてもらえず、またずりずりされ始めてしまいますが
ほんの少しだけでも持ち直すことができたので
このままなんとか誤魔化して1時間経過を狙います。
誤魔化してでも1時間持ちきって
危険日の子宮に種付けさえできればこっちのモノです。
そしてこの超可愛い爆乳ちゃんとデキ婚して毎日パイズリしてもらうという計画...。


しかしながら、また新しい刺激が...
今度はち◯こを"乳房"にずにゅ~っと差し込ませてきました。

めり込みパイズリ,乳首パイズリ,個人撮影.

しかもその状態のまま、
握ったチ◯ポを左右に小刻みに動かして
亀頭を乳房で執拗にくちゅくちゅされまくり
あまりの強すぎる快感で腰はビクビク跳ねてしまい
尿道から一気に我慢汁が溢れ出て、亀頭にトロォ~...と垂れてきます。

「ゎ~...我慢汁でちゃったね...♡」とあちらは存分に楽しんでいる様子...。

すると、
このめり込みパイズリ。
「ほら、自分でもやってみて♡」
と嬉しい申し出...!

自身のおっぱいの気持ちよさをこれでもかと
思い知らせる気満々です...。

チ◯コの裏側を乳房にピトっとくっつけるだけで
ふわふわでもちもちな乳肉が吸い付いてきて
たったそれだけでなんとも言えない気持ちよさ!!
これを自分で調節できるのはまた堪らない...。

左手でたぷたぷの乳房を持ち、
右手でチ◯コを乳肉にむにゅ~...と。。。
めり込ませてずりずりしたり、そのまま左手の乳房をぷるぷる揺らしてみたり
かなり幸福な状況です...。

更に...
「自分勝手にわたしのおっぱい使ってオナニーして♡」
だったりと、えっちなコトを言わせてみたり・・・


Jカップのとろ乳で...乳肉オナニー♥
めり込みパイズリ,乳首パイズリ,個人撮影,乳肉オナニー


本来ならこんな神乳をこんな風に自分勝手に使って
チ◯コをむにゅむにゅと押し付けたり、ずりずりさせてもらえたら
我を忘れて亀頭をめり込ませながらぶりゅっと射精しちゃうこと受け合いですが...

今回は目的が理性を保たせて
なんとかイカないように調節しながらコントロールを試みられたので、時間を稼ぎます。
(多少夢中になって危うく出しそうになったりしてますが...汗)


めり込みパイズリ,乳首パイズリ,個人撮影,乳肉オナニー


裏筋が乳首にもこすれるので
「もしかして一緒に気持ちよくなってる?気持ちいい?」と聞いてみると
「きもちぃ~...」と可愛い声を漏らしてくれるので
これまた気持ちがつい昂ぶってしまいます...。



めり込みパイズリ,乳首パイズリ,個人撮影,乳肉オナニー




そうこうしていると
自分からもて遊びたくなったのか
また自らおっぱいをチ◯コにたぷんっ...とのし掛からせて、ずりずりしてきます。
おっぱいの重みで乳房がチ◯コの形にぴったりとめり込んで沈んでいきます。

こちらの反応を楽しみながら、めり込みパイズリを続けてきますが、
「ちょ・・・待って、でちゃう・・・」と止めようとしても
「だめ♪いままで勝手におっぱい触ったお返し(笑)」と意地悪をしてきます...汗


しかし...
こちらも本当に"あと一摺りでイクか、イカないか"の境で我慢していたので
たった少しのやり過ぎで大暴発...。
精液の噴射を抑えようと力んでも、快感が完全に勝ってしまい
どうしても勝手に射精の律動が止まらず、びゅるびゅるとホワイトソースを噴き出してしまいます...

「あ...♡すっごい♡...気持ちいいんだね♡」
どうせ出てしまったのなら...と射精中にもたっぷりとずりゅずりゅ...
これのおかげ様で、結局ハンパなく気持ちいい射精になってしまい
大量に撒き散らす精液がなかなか止まりません...。



めり込みパイズリ,乳首パイズリ,,個人撮影,完全素人



でも...
この状態で出させる気はなかった様で
「ごめんね...、ちょっと調子に乗りすぎたw(汗)」と悪びれますが
(こんなエロい調子の乗り方があるか...)と心の中で思いつつ...(苦笑)
ただの悪ふざけで仕留められてしまう格の違いを思い知らされ
種付け計画失敗を悔しく思っていると...
「う~ん...これじゃパイズリ挟射っていえないからもう一回ね(笑)」
と思ってもみない言葉をもらいます...!

「一回でちゃったから、大分ハンデあるけどいいの?」と聞くと
「我慢できるならものならしてみて(笑)」
「たぶんあと2、3回射精させる自信あるよ♪

とまったく問題にしてない様子...。

悔しいですが、、、
まぁこれだけのパイズリをお持ちなら仕方ないです...
それよりもう一度チャンスを得られたことに一喜一憂。


パイズリ射精,個人撮影,パイズリ事後



すると
「顔に精液ついてる~(笑)」
「これ塗っちゃおっかw♡精液ローション♡」
と、指で拭い取ると
「ココと...あとはココかな♪」と、
"チ◯ポ"と"谷間の中"に精液を塗り塗りし
「じゃあまた動かすよ~♡」とパイズリを再開。

天然?でエロいことをしてくるのが
今回はあだになってしまうのが残念でなりませんが...。


パイズリ射精,個人撮影,パイズリ事後



そして
今度はチ◯ポを逃がさないようにとブラを付け直し、
そのまま潜らせる様に肉棒をずぷり...と乳内に挿れさせてきます。

「にゅるにゅるだ~(笑)」
「ぬるふわできつきつ?♡」
「今度はちゃんとおっぱいの中掻き分けて射精して?♪」

と、もうエロエロ言葉連発でこちらも快感と興奮がこみ上げてしまい
出したばっかですぐにまた乳内勃起が始まります...。


ブラパイズリ,個人撮影,挿乳



谷間の中でチ◯コがどんどん反り勃ち始めると...
「おっぱいの中で勃起するの好き?w」
「好き...。」
「やっぱり~(笑)」
「なんでわかるのw」
「わかるよw♡」
なんていうやり取りを実際にJカップ乳に包まれながら言われるとやばいです...。もうエロ過ぎ..。

ブラパイズリ,個人撮影,乳内勃起

(でも性癖がどんどんバレて恥ずかしい...。コレ次会った時に絶対面白がって言われますね。。。汗)



これだけのパイズリをされている最中だとキモチ良すぎて考える余裕もないですが...
射精したばかりなのに、またすぐに射精を誘発されるっていうのも
後でちゃんと考えてみると、「どんだけの快感」なのかと...
後日感触を思い返すと、ぞわぞわ...と勃起してしまいます。。。

ゴムなし生セックスだとしてもこうはいかないし
一発目でもむしろイクのに苦労するようなパイズリも実際多い中、
このパイテクはかなり貴重です...。



感極まって、
「お願いがあるんだけど...」
「なぁに?♪」
「乳まんこ突きたい...!」
「えwwいいよ♡」
と、お許しを得ると

両方の二の腕をガシッと掴んで固定し
トロトロな谷間の中を標的に定めて
高速ピストンで一気に、じゅぽじゅぽじゅぽじゅぽッ!!と
ふわとろJカップ乳ま◯こを犯します。

ブラパイズリ,個人撮影,乳まんこ,高速ピストン


あまりに気持ち良すぎて腰が止まらず
「う ぁ"ぁ"ぁ"・・・」と声を漏らしながら
夢中になってしまいましたが...
精液が尿管を登ってきて焦りました。。。

すぐに射精そうになってしまう気持ちよさなので
おもわず手が止まってしまい、
それが"休憩"に見えたのか、またされるがままに
あちら側が主体のパイズリに戻されてしまいます。


ぴったりホールドぱいずりで、すぐにモッテ逝カレそうになるので
今度こそ...と射精を必死に我慢していると、それを勘付かれ...
「このままおっぱいの中で出していいんだよ?♡」と射精を誘惑してきます...。
こちらも必死に我慢してると、つい体が動いてしまい
「こ~ら♡逃げちゃダメ♡ね?♡」
と優しく怒られてしまいますが、
またそこに余裕を感じて「(あ~やっぱ無理か...)」と心をへし折られます...(苦笑)

しかし、1時間までもう少しなので
なんとかやんわり体を押して止めようとしたりしますが
両手をガシッと掴まれて阻止され、挙句の果てには
そのままノーハンドパイズリ

堪らず、
「それずるい...」と言ってしまいますが
「ずるくないよ?♡」と余裕の表情。

腕を掴んで、こちらの動きを抑えているのに
Jカップのたわわな神乳を使って、ノーハンドでチ◯ポにやわらか乳肉を掻き分けさせてきます...。

「ちょっと待って...!ダメだって...!」と言っても
可愛いすぎる小悪魔な笑顔でずりゅずりゅ...♡

これではもう妨害することもできず
気持ち良くてそのまま敢え無く大量挟射...。
必死で力みながら、射精の律動を抑えようとするものの
暴発不可避なノーハンドパイズリによって、ドプンドプンと精液が流れ出てきてしまう形で射精...。


腕を掴まれ、強制ノーハンドパイズリで暴発大量挟射♡
ノーハンドパイズリ,挟射,個人撮影


こちらが射精を抑えようと必死に力むのを見て
「諦めてせっかくのパイズリ味わっちゃお?w♡」
と、もう理性が決壊する誘惑をしながら
止まらない射精に追い打ちをかける様に乳肉でずりゅずりゅしてきます...。

精液がぶりゅぶりゅと溢れ出るチ◯コをおっぱいでずり続けながら
「わたしの勝ち~♪」と小悪魔的に勝ちを主張。

完全敗北です...。
もうまったく歯が立ちませんでした...。

一応「またチャンスある?」と聞いてみると
「どうしよっかな~♪」という返答...
もうこんな機会もないかもしれないので、
このおっぱいの感触を手に染みつかせておこうと
「だめ」と言われても勝手に揉みまくります。。。

少しでも長く触れるように会話をすると
共通の知り合いで、誰々におっぱいを触られたりしたとか
誰にパイズリをしたのか、とか聞いちゃいます。


そうしていると、
「じゃあ...せっかくだから、もう一回ちゃんとパイズリしてみる?♪」
という思ってもみない最高の提案が...!

「いいの...!?」と聞くと
「いいよ特別♥」
「でもそろそろ帰らないといけないからあと一回ね♪」
とのことですが
この極上パイズリで思う存分、全力で挟射できるならもうなんでもいいです...!
「何秒で出ちゃうか試してみよっか♡」
なんてまたえっちすぎる挑発をしてきますが
正直、こっちも試してみたいのでドキドキします...。

射精後,挟射,個人撮影



すると
「また包んじゃうね...♡」と、敏感チ◯ポがふんわり包み込まれ
準備パイズリでずりずりされているうちに
3発目だというのに、結局おっぱいの中でムクムクと勃起してきてしまいます...。
乳内勃起させるのが上手すぎる...

「あれ?wまたおっぱいの中でおっきくなってきたよ?w♡」
とこちらがソレを好きなことを知って、これ見よがしにからかってきますが...

精液暴発しまくりのビクビクに敏感なチ◯ポを
またこの極上Jカップ乳肉でみっちりと隙間なく包み込んで、
ずりゅんずりゅんッと谷間を掻き分けさせられると
もうワケがわからないくらいの気持ちよさでロクな返事もできず...。


射精させられまくった精液が
糸を引きながらぐっちょ...ぐっちょ...と音を立てて
されるがままに全力でパイズリを味わわされて...



そして...
乳内でしっかりとチ◯ポの勃起を確認されてしまると
「もういいよね♡じゃあ...スタート♡」と本チャンが始まります。

パイズリ,個人撮影,完全素人
勝負じゃなくて、気持ちよく射精する為だけのパイズリ...

ずりゅんずりゅんする度にギンギンに勃起したチ◯コの亀頭が
爆乳の谷間からちらちらと少しだけ顔を出します。
こちらのチ◯コのサイズと自分のお乳の大きさ、柔らかさでのパイズリに
ちょうどいい力加減、当て方、乳圧などの具合がわかってきたらしく
3発目だというのに気持ちよさは増す一方です...。

「ワタシのパイズリの方が絶対気持ちいいよ♡」と言い張るのも大納得です。

自分が受けてきたどのパイズリよりも上と認めるのは悔しいですが...
これではしょうがない...。

しかし、この子の凄いところは、
これよりも更にこちらが一番良い反応をする乳圧、当て方を模索しつつ
搾りとろうとしてくるところです。


あまりの気持ちよさに
早くも精液が尿管を押しのけてきて「もう射精る...っ」というと
「いいよ♡これでおもいっきり射精したかったんだよね♡」
「今度は我慢しないで射精してみて?♡」

「うん...あッイクイク」
「うん♡包んでてあげる♡」
「イグッ」
「おもいっきり♡」
と、勝負ではなく、今だけは思いやりでパイズリしてくれていると感じると
愛おしさと興奮と快感がすべて相まって、最高級の射精を予感します...


今度は抑えようとしたりせず、おもいっきり射精の快感を受け止めて存分に挟射...。
射精後の敏感チ◯ポでまたびゅるびゅるしながら...無意識によだれ垂らしてイキまくってしまいました。。。
もう・・・信じられないくらいキモチ良すぎて...躰がどうにかなりそうな超快感。
「あ...温かい...♡」とあつあつ精液の温度を
おっぱいで感じながら射精が終わるまで乳肉の中をずりゅんずりゅんと掻き分けさせてきます。


「せっかくだし...♡」で3発目は思いやりの極上パイズリ挟射♡
パイズリ挟射,個人撮影,完全素人


結局「スタート」と言ってから、ものの一分で大量挟射。
もう意味がわからないです...。
恐るべき気持ちよさです...。

さすがに3発目なので最初くらい飛び散るほどではなかったですが
このパイズリがあってこその射精量...。


びゅるびゅると射精される白濁のシロップを見つめながら
「精液あつあつ...♡ちょっと美味しそう(笑)」
とかえろ過ぎることを囁いているのをみると
多分ですが、今までの彼氏の精液をごきゅごきゅ♡と飲んでた可能性大...。
今日勝ってれば、毎日させられたかもなのに...(泣)
(まぁ余裕で惨敗ですが...)


パイズリ,個人撮影,完全素人


もし勝っていれば...
口の中でねっとりと動く舌に包まれながらキモチよく射精して
ペ◯スというストローで精液をごきゅごきゅ♡と飲ませて
お腹一杯になるまで何度もご馳走する...
なんていう性生活もありえそうですね。



そのまま挟射の気持ちよさに浸っていると
白濁のどろどろ精液をぬちゃぬちゃしながら
「これ子宮にびゅ~ッ♡ってしたいの?♡(笑)」
「こんなに射精されたら妊娠しちゃうよ?(笑)」

と挑発し、しかも乳肉を押し付けながら
「きもちよかった?♡」と聞いてくるので、またムラッとしてしまい
どうせなら...とダメ元で「もう一回お願い...。」と頼んだら...
「えっ(笑)......する?(笑)」と驚きつつも
「癖になっても知らないからね...?♡(笑)」
そのまま谷間の中に、にゅぷん...♡とチ◯ポを入れて包み込むと
また乳肉の中で勃起させようとずりゅずりゅし始めます...。


パイズリ挟射,個人撮影


何度となく、とろ乳パイズリで寸止めを繰り返しに繰り返され、
その挙句、立て続けに何回も射精させられまくり、さすがにチ◯コが壊れ気味なのか...
あれだけ射精したのにチ◯コが物凄くウズウズして、射精したくて堪らない状態に...。

そんな敏感ち◯このまま、Jcup乳肉にずぷっと挿入れられると
ゾクゾクッと疼きが増して、不思議にも何日もオナニーしてない時の様に
堪らない快感になってしまいます...。

"4発目も最高に気持ちいい射精になる"という強い予感をしながら
おかしくなってるチ◯コが乳内勃起をし始めました。




―今回公開するのはここまでです。―


4発目は敢え無く完全乳内射精でした。
チ◯ポを完全に覆い隠し、乳内で完全密閉されての射精。
お乳オープンでぬちゃあ...と確認させてくれますが、FC2の容量の問題で入れることができませんでした。
(もし公開の希望が多ければしてみたいと思います。)

4発目を射精し終わると
さすがに時間がやばい、と
濡れタオルでおっぱいを拭いて
急いで帰りました。


-------------------------

終わってから思ったこと。

勝負といいながら
あっちが本気を出せば
恐らく、2.3分で強制的に挟射させられるのではないかと感じました。
つまり無理ゲー。

余裕で勝てることを解ってるからこそ
この勝負に付き合ってくれたんだと思います。

しっかし本当に種付けしたかった…。
こっちが勝った暁には、あの柔らか最高級乳を両手で揉みしだきながら
溜めに溜めまくった精液を
数時間掛けてたっぷり子宮の中に何度も何度も注ぎ込んで
着床させるつもりだったんですが…。


結局負けてしまったので、34,800円の水着を買わされました(笑)
そのおニューの水着でプールに行くと言ってました。
「これ着てパイズリしてあげよっか?(笑)」
と冗談っぽく言ってましたが・・・
正直、また勝負で釣ってマジでやってもらえないかと思ってます。

でもこの乳で挟射を我慢するのはまず不可能なので
ちょっとずる賢い方法を考えてまたトライします。
普通に勝負したんじゃ、武器も持たずにラスボスに挑むようなものです。。。


しかし
改めて、パイズリってエロいなぁ・・・と痛感させられました...。
一番気持ちいいトコロで、たぷたぷに柔らかい爆乳を味わい尽くせる。
おいしくて堪らない快感です。。。



パイズリ,個人撮影,完全素人


--------------------

とろ乳~パイズリ挟射~@個人撮影

【掲載中動画リスト】
http://adult.contents.fc2.com/users/torochichi/
【Twitter】
https://twitter.com/torochichi_twi

【リクエストについて】
動画に関するリクエストはメッセージか
下記アドレスへどうぞ。
torochichi.req@gmail.com
(※原則として返信はおこなっておりません。)


Category: torochichi.com

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

個人撮影@お菓子くれないとパイズリしちゃうぞ♪ Jカップ魔女っ子の3回連続挟射しても終わらないパイズリ☆

 【21//2016】

(※サンプルの為、かなり低画質です。)



大変長らくお待たせしました!
アップロードが完了し、配信を開始致しました。

イベントコスチュームということもあり、大ボリュームだった前回、前々回の
パイズリ役Jcupメイド と ナースパイズリを超え
今回さらに超ボリューム&超密度の内容になっております!





■本編動画リンクはこちら--------------------
ハロウィン 3連続 パイズリ挟射
個人撮影@お菓子くれないとパイズリしちゃうぞ♪
Jカップ魔女っ子の3回連続挟射しても終わらないパイズリ☆
-------------------------------------------------




以下、詳細-

Trick or Treat !!
ハロウィンといえば
お菓子好き、いたずら好きな人にとっては得な日です(笑)

今回、その両方である"爆乳魔女っ子"が訪ねてきました。



「お菓子くれないといたずらしますよ♡」

カボチャのランタンを手に
たっぷたぷの乳袋を揺らしながら可愛く現れますが

あいにくお菓子を切らしていたので
「いたずらしてもいいよ?」と答えると


「じゃあ…お菓子をくれないとパイズリしちゃうぞ♡」
「気持ち良すぎて死んじゃうかもしれないですよ~♡」
「いいんですか~?♡」
なんて脅かしてきます(苦笑)


むしろこんな最高な乳でパイズリされてみたいので
頑なにTreatを拒否していたら
爆乳魔女っ子さんが強行手段に出始め
「えいっ♡」と、こちらを押し倒し無理矢理パイズリしようとしてきます。

バランスを崩し、一緒に倒れ込むと
目の前にたぷたぷな爆乳の谷間が露わに…



『死ぬほど気持ちいい』というほどのパイズリが
どれほどのものかひとつ試してやろうと思い、
そのまま抵抗しないでいたら
ズボンを脱がし、魔女服の中で下から
ふわふわな爆乳の谷間にイチモツをずぷりと挿し込ませてきます。


個人撮影 パイズリ 挟射

「お菓子くれないのでもうパイズリしちゃいますっ♡」
と、たぷんたぷんな爆乳でち◯ぽをずっぽりと包み込み、
ずりずりと乳肉を掻き分けさせ始めると
おっぱいの谷間から亀頭だけがちらちらと...


極上の柔らかさと最高の乳圧...
瞬く間に射精しそうになります。




こちらがイキそうになると
弄ぶ様に「だ~め♡まだダメだよ♡」と絶妙に寸止め...


これを何度も何度も繰り返します
こんな短時間なのに、びっくりする頻度で
射精寸前までガンガン持ってイカれます...。




まじで気持ちいいです…。
ビックリするほどトンデモなく気持ちいいのは間違いないです。
腹上死も致し方無いなんて言ってもいいレベルの快感...


そのあまりの気持ち良さを物語るがごとく
少しズっただけで大暴発の大量射精

個撮_パイズリ

「だしちゃえ♡だしちゃえ♡」と無邪気にエロく責められ
もう辛抱堪らず、おもいっっっきりおっぱいの谷間の中で
びゅるッ挟射してやりました。


その快感のあまり、射精直前に手の力が抜けてしまい
滑ってスマホを落としてしまいましたが...
慌てて持ち直したのでなんとか射精に間に合ってよかったです...汗



すると、
おいしそうにみえたのか
精液を指ですくって、口に含み始めます。

「これおいしい♡」 と本当に美味しそうに
パイズリで射精させた大量の精液を食べつくします。


ハロウィン_パイズリ挟射


そして
「お菓子くれないから、もう一回パイズリです♡」

と否応なしに
ぷるんぷるんの爆乳でペニスを包み込み始めます。
チ◯コからカラダの芯まで、まるで電気が走る様な気持ちよさでおかしくなりそうです。

爆乳_コスプレ

出したばかりでまたこのパイズリヤバいです…。
腰が抜けるほどの大量挟射をした後に
続けてまたこんな腰が抜けるほどのパイズリをされたら
もう今日一日歩けなくなりそうです…。


しかし、こちらの悶絶をヨソに
「ぬるぬるだ~♡」射精した精液をローション代わり
2回目のパイズリを楽しみ始めてしまいます。
そして「まだまだ出るよね♪」 と精液をねだりながら、
再度挟射させようとしてきます。

爆乳_コスプレ

ぬるぐちょなのにふわっふわな谷間の中で
イッたばかりのビクビク敏感チ◯ポはすぐに快感へ変わり
またムクムクと急激な勃起が始まります。
「おっぱいの中でまたおっきくなってきたよ?♡」
と嬉しそうに囁いてきます。エロ過ぎ...。


すると
「もう本気出しちゃいます♡」
と、魔女ローブを脱ぎ始め、黒いケープオレンジ色のブラだけ…
なんともエロい格好。。。


ハロウィン_パイズリ挟射

しかも"本気"って…

これ以上、さらに気持ちよくできてしまうなら
いくら二度目でも射精を我慢するのは確実に不可能です。





ブラの隙間からフワフワなおっぱいの谷間に挿し込まれ
これまた逃げ場のない快感がペニスに集中して押し寄せてきます。
もがいてしまうほど、苦しいほどに気持ちいい状態になってしまいます…

ハロウィン_パイズリ挟射

「ここからが本番です♡」
と、宣言すると

動きやすくなったのか、まじでパイズリテクが上がり
さらに快感が増しました。


自分のとろとろに柔らかな乳質をよく理解しているのか
もうここからは
その軟とろJカップ爆乳をかなり巧みにつかって、色々なことをしてきちゃいます。
その度におっぱいの気持ちよさ極上の柔らかさを思い知らされます。

ハロウィン_パイズリ挟射

中でも『ノーハンドパイズリ』のレベルが高すぎでした。
手を使わずともしっかりとチ◯ポを包み込み
きちんと乳肉を掻き分けて、極上の乳圧を感じます。

他にも、
見ただけでもおっぱいの柔らかさを感じる数々のパイズリを受けているうち...
間髪おかず、2発目だというのに
オレンジ色のブラに包まれたタプタプな爆乳の谷間から
白く濃厚な精液ミルクがたっぷり飛び出しまくります。


ハロウィン 3連続 パイズリ挟射 個人撮影


「わ♡おいしそう~♡」 とはしゃぎながらも
【射精中という最も気持ちいい時間】の最中も
しっかりとずりずりしちゃうので、本当に尋常ではない快感の射精に導かれます
もう最っっ高に気持ちイイです...。
なかなか射精が止まりませんでした。
この子...間違いなくパイズリの才能がある...


※この時点で腰が砕けました。


ムリヤリ分泌させられた精子を
指ですくい取って、しゃぶりついてるのを朦朧なエクスタシー状態で見つめていると
目元がとてもニッコリしてるのを確認できた辺り...
精液を食すのはマジで好きなのかもと感じました。




そして...
射精しながら気持ち良すぎて悶えもがいていると

精液を舐めながら「お菓子くれる?♡」 と聞いてきますが
無いものは無いので「お菓子無い...」とかろうじて答えると...

「そっか♡ じゃあ...パイズリ続けるね♪」
3回目のパイズリをまた勝手にし始めてしまいます...。


既に2回も射精してるち◯ぽは、ふわふわのJカップ爆乳に包まれると
また徐々にムクムクと乳内勃起し始めます。





これは普通に自分の手だけでオナニーをしても
絶対に不可能なペースです...。


さすがにここまでくると、
"パイズリの上手さ"や"乳質の良さ"の差を痛感せざるを得ないです...。


とろ乳

「またおっきくなってきたよ?♡」 と嬉しそうに囁きながら
極上のおっぱいテクニックでずりずりされ
今しがた2度も強制的にびゅるびゅると挟射させられたばかりだというのに
また射精を誘発されてしまいます。



「また...びゅるびゅる~ってしちゃおっか♡」
ふわふわな乳房にぴったり包み込まれて
ずりゅんずりゅんッと掻き分けさせられる感触...


物凄い乳圧なのに、物凄くふわふわな感触...という
他のモノでは味わうコトができない最高の心地良さです...



そして、
また執拗に寸止めを重ねられ...
こちらのオーガズム具合を完全にコントロールしながら
えっちに戯れてきたりもします...。



例えば...
ちんこが乳肉の中に
ぴっちりと埋まってるコトを確認させてきたり...


自分のパイズリでこちらが悶えるのを心の底から楽しんでるコトや
「いつでも射精させちゃえるよ♡」という余裕が伝わってきます...。




しかし、戯れもそこそこにまた...
くちゅッ...ぐちゅッ...とエロい音を立ててパイズリをしながら
「早くお菓子くれないと、君の精液全部飲み干しちゃうよ♡」
と、射精を強いる勢いはおさまりません...。

素人

すると...
「もっともっと本気出しちゃお♡」
カボチャ色のオレンジブラに包まれていた
ふわふわおっぱいが露わに...!

今度はこの状態ならではのパイズリ
また新しい快感を与えてきます。

普通なら打ち止めになるところが
この最高のJカップおっぱいのこたえられない感触は
股間の奥からじわりじわじわと快感が溢れ出させ、
射性欲をまた急激に呼び起こしてきます。

まさに超名器です。


堪らず、精液が尿管を登ってくる快感が顔に出てしまっていたのか、
「あ...っ♡ またびゅるびゅるする?♥」
「おいしいのもっと頂戴?♡」
とエロ小悪魔な可愛い声に射精を誘われます。

間髪おかず3連続となると射精量はさきほどよりは
多少減るものの、またおっぱいの中でドクドクと挟射…。

Jカップ パイズリ

それでもこれまた確実に
オナニーでは絶対に不可能な射精量と射精のペースです。
(見ての通り、亀頭を覆い隠すくらいの量でした。)


驚くべきは3発目だというのに腰が飛び跳ねてしまうほどキモチイイということです...。
これほどの桁外れな凄まじい快感じゃないと、こんなにびゅるびゅると出なかったのは間違いないです。


そして
ドプンドプン...と3連続目の挟射をした直後...
脳みそがトロけそうな状態に追い打ちをかけるがごとく
またビクンビクン敏感なち◯ぽをその爆乳でフワっと包み込み
「君がお菓子くれないからいけないんだよ?♡」
「またパイズリしちゃうね♡」

と、4発目のパイズリを続け始めます。

ハロウィン_パイズリ挟射

小悪魔な爆乳魔女っ子ちゃんは
逃がさないようにち◯ぽをがっしりと爆乳でつかまえて
4回目のパイズリ挟射をさせる気満々です。

どこまでもテクすぎるパイズリとうっとりしてしまうほどの柔らか爆乳で包みながら
「またおっきくなってきた♡」 と嬉しそうに勃起を確認すると
「もっかいびゅるびゅるしよ?♡」 とまた挟射を誘います。

ハロウィン_パイズリ挟射

超絶すぎるパイズリテクと極上のおっぱいを持ったかぼちゃのJカップ爆乳魔女っ子ちゃんに
このまま精液を搾り取られ続けたら
キモチ良すぎて本当にしんじゃうかもしれないです。






3発目の射精直後も執拗に乳肉でずりゅずりゅッ♡
また乳内勃起してきちゃう極限まで敏感になってるち◯ぽ...



4発目を吐精するのも、もう時間の問題です...



今回公開してしまうのはここまでですが
このままあと何回パイズリで精液を搾り取られたかは
秘密です。。。
(知りたいという方がもし多ければ或いは…)


---------------------


<<おまけサンプル画像>>



(※精液ミルクをすくい取った指をパクッ♡)
精飲_食ザー



(※魔女ローブの中を覗くと、爆乳がたぷんたぷん♡)




(※挟みながら「おいしそ~♡」と眺め、そして包み込み始める…)
ハロウィン_パイズリ挟射



(※あああ…♡フワフワおっぱいに埋まっていっちゃう…)
ハロウィン_パイズリ挟射



--------


良かったらぜひご覧頂けたらと思います。





■本編動画リンクはこちら--------------------
ハロウィン 3連続 パイズリ挟射
個人撮影@お菓子くれないとパイズリしちゃうぞ♪
Jカップ魔女っ子の3回連続挟射しても終わらないパイズリ☆
-------------------------------------------------




とろ乳~パイズリ挟射~個人撮影

【掲載中動画リスト】
http://adult.contents.fc2.com/users/torochichi/
【Twitter】
https://twitter.com/torochichi_twi

【リクエストについて】
動画に関するリクエストはメッセージか
下記アドレスへどうぞ。
torochichi.req@gmail.com
(※原則として返信はおこなっておりません。)


Category: torochichi.com

Tags : パイズリ 挟射 個人撮影 素人

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

ブログリニューアル致しました

 【17//2016】

伴いまして、動画のアップロードも近く予定しております!

告知をお待ちいただけましたら幸いです。



Category: torochichi.com

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

【次作掲載予定の動画につきまして】

 【28//2015】

現在、当方のパソコン不調により
アップロードが困難な状況となっております。

動画のアップロード日時については目処が立ち次第、
告知させて頂きたく存じます。

楽しみにお待ち頂いている皆様には、
本当に大変申し訳ございませんが、
何卒よろしくお願いいたします。

Category: torochichi.com

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。